本文へスキップ

みんなで創る、みんなの学校。六ヶ所村立尾駮小学校

〒039-3212 青森県上北郡六ヶ所村大字尾駮字野附1304-1
        TEL.0175-72-2016

最近の様子webdiary

2020年6月1日(月)
田植え体験 〜5年生〜

 6月1日(月)5年生が田植え体験をしました。子どもたちは田に足を入れるや「ヒャー!」「キャー!」という声が響き渡りましたが、全員で、苗を植えることができました。子どもたちの感想の一部を紹介します。
 「川を使って水の管理などをしていることが分かりました。『まっしぐら』以外のもち米や、馬などが食べる米なども作っているそうです。昔は、田んぼがたくさんあったのに、今は、ほとんどなくなっていることが分かりました。田んぼに入るのが初めてで、最初は変な感覚で、足がはまったりしたけれど、慣れてきて、田植えが楽しくなってきてよかったと思いました。」
 田を貸してくださった佐藤さんに管理をお願いし、秋には稲刈りを体験する予定です。

2020年1月27日(月)
先生方による読み聞かせ

 1月27日(月)に先生方8名による読み聞かせを行いました。本のタイトルと、その本が読まれる場所が事前に知らされ、子どもたちはその中から聞きたい本を選び、その場所に行きます。そしてその場所に行くと、どの先生が読んでくれるのかがわかるしくみです。
 子どもたちは、じっくりと本の楽しさに触れることができたようでした。

2020年1月31日(金)
元気に雪遊び!

 尾駮小学校では、グラウンドに雪がある日は歩くスキーに取り組んでいます。今年は雪が少なく、楽しみにしていたスキー教室も中止になってしまいましたが、まだチャンスはあるかも!?今後も状況を見ながら、取り組んでいきます。

2019年11月9日(土)
学習発表会 〜ビューティフルハーモニーを届けよう〜

11月9日(土)に学習発表会が開かれました。子供たちは、この日に向かって準備してきた発表ネタを思い切り表現することができました。多数の来賓や保護者の皆さんが駆けつけてくださいました。温かい拍手をたくさんいただき、ありがとうございました。

2019年10月25日(金)
芸術の秋

 はまなす学級では、今週まで約1か月間、村小・中学校作品展に出展する書写・習字・版画・絵画に取り組みました。子どもたちの思いを絵や版画で表現しました。構図や表現の仕方などは、教員と一緒にがんばりました。
 子どもたちが作った作品は審査の結果、みごと入賞!村民文化祭で展示されました。

2019年10月18日(金)
稲刈り体験 〜5年生〜

 10月18日(金)5年生が稲刈り体験をしました。春に自分たちが植えた稲を、鎌を片手にどんどん刈っていきました。
 ただ、大変だった作業が稲を刈った後束ねる作業です。説明を聞いてチャレンジするのですが、なかなか難しい様子。それでも何回かやっていくうちに上手に束ねられるようになっていきました。
 今回の作業を通して、子どもたちは昔の農家の大変さを実感できたようでした。
 今後、郷土館から昔の道具を借りて脱穀するとともに、そのお米を使って調理実習を行う予定です。
 田んぼを貸してくださった佐藤さん、お手伝いにいらして下さった保護者の皆さん、どうもありがとうございました。

2019年10月18日(金)
校外学習 〜3年生〜

3年生は社会科の学習の一環として、10月15日(水)、10月18日(金)の2日間で、校外学習に行ってきました。学校の周りの環境を知るために、地図に書きとめながら回りました。尾駮交番では本物の手錠に触れたり、スワニーではホールの照明の装置を操作したり、普段できない貴重な体験をすることができました。

            
2019年10月23日(水)
農業体験長いも掘り 〜4年生〜

 10月23日(水)は、総合的な学習の時間に調べている「六ヶ所村の環境や産業」について村の農林水産課や青年農業経営者協議会の方々にお話を聞いてきました。また、地元の特産品である長いも掘りも体験させていただきました。子どもたちは真剣に説明に耳を傾け、一生懸命メモをとっていました。長いも掘りでは、泥だらけになりながらも、1m近い長いもを収穫し、みんな大喜びでした。

2019年10月11日(金)
自分の身を守る 〜避難訓練〜

 10月11日(金)に避難訓練を行いました。
今回は、不審者対応訓練で、逃げ方について三上尾駮交番所長さんのお話を聞きました。

2019年10月2日(水)
良い汗かいたマラソン 〜たくさんの声援が飛び交う〜

 10月2日(水)にマラソン大会が行われました。4月から毎日走ってきた子供たちは、ここぞとばかり、今までの自分や中には歴代記録へ挑戦することができました。
 保護者の皆様からも熱いご声援をいただきました。


2019年9月17日(火)
食育の秋 〜バイキング給食〜

 9月17日(火)に全校でバイキング給食をしました。これは、楽しく食事をとること、健康によい偏りのない食事のとり方など、正しい食事の在り方を理解させることを目的としています。
 子供たちは、楽しみながら栄養のバランスを考えて、自分で選んで食べる喜びを味わっていました。
 中田栄養教諭による事前・事後の指導も日々行われています。
 普段から好きな料理だけでお腹いっぱいにしないで、少しずついろんな料理を食べてみるように心がけていってほしいものです。


2019年9月13日(金)
初めてのバス校外学習〜集団行動で思い出もできた1年生

 9月13日は快晴。1年生は、校外学習で小川原湖畔と東北町総合運動公園へ行ってきました。湖畔の砂遊びでは、限られたバケツを互いに譲り合うなど仲良く遊ぶ子どもたちの姿に成長を感じることができました。


2019年9月3日(火)
キャンプファイヤーの火は忘れまい 〜宿泊学習〜

 5年生は、9月3日から一泊二日で公立小川原湖青年の家にて宿泊学習をしてきました。
 1日目は、午前の刻印作りを始め、午後のフォトラリーや夕べの集い、夕食後のキャンプファイヤーと順調に進むことができました。
 2日目は、朝の集いから始め、キンボールで楽しみながら体を動かし、午前の部を終えました。最後の昼食をいただき、退所式では、所長さんをはじめ職員の皆様へ感謝の気持ちを表し、青年の家を後にしました。
 一人一人が仲間のことを思いやり、自分の役割や仕事をやり遂げた5年生。
 これから6年生からの大切なバトンを引き継げるよう、心身共に鍛えていきましょう。


2019年7月5日(金)
短冊に願いをこめて〜七夕集会〜

 7月5日(金)、全校児童が講堂に集まり、七夕集会を行いました。
 まず、環境美化委員会の子どもたちが、織姫と彦星に扮するなど寸劇を披露しました。その後、縦割り班に分かれて願い事を竹に飾りました。
 戸鎖の田様から、竹をご提供いただきました。小泉PTA会長さんにも搬出入のお手伝いをいただきました。ご厚意、ありがとうございました。

2019年6月28日(金)
ゲストティーチャーによる多彩な教室

 6月28日(金)、全校児童を対象とした、国際理解教室が行われました。
 教室では、韓国のジョ・イムジョン先生や、ドイツのドミニク・アウベルト先生から母国について学ぶことができました。
 また、外国語指導のジョナサン先生や、情報モラル指導の須崎ICT支援員等充実したゲストティーチャー学習が展開されています。


2019年6月1日(土)
快晴に恵まれた令和初大運動会

 6月1日(土)、前日の雨から一転して晴れ渡った青空の下、大運動会が開催されました。
 子どもたちは、応援や競技を一生懸命頑張っていました。
 小泉PTA会長様から今年度始まって初めて217名揃ったこと、六ヶ所音頭で保護者や地域の方々の多数の参加者が見られたことなど素晴らしい運動会であったことをご講評いただきました。
 令和初を飾る大運動会となり、皆様のご協力に感謝申し上げます。


2019年5月25日(土)
みどりの少年団〜街頭募金活動〜

 5月25日(土)、大石運動公園で開催された、『たのしむべフェスティバル』において、4年生がみどりの少年団街頭募金活動を行いました。
 子どもたちが、来場者に笑顔で意欲的に声をかけていました。多くの募金のご協力、ありがとうございました。

2019年4月11日(木)
鮭の稚魚の放流 〜小さな命から偉大な生命力を知る〜

 4月11日(木)、4年生が老部川において鮭の稚魚の放流を行いました。
 初めに奥入瀬川鮭鱒増殖漁港の方から説明を受けました。鮭の稚魚が今後2万キロの旅をしながら成長し、4年後に自分の故郷の川に戻ってくるという説明にみんな聞き入っていました。
 その後、「元気でまた戻ってきてね!」と声をかけながら50万匹をみんなで何度もバケツで運びながら放流していました。
 地元にある大自然を満喫することができたすばらしい体験となったようです。

2019年4月8日(月)
入学おめでとう

 4月8日(月)に平成31年度の入学式が行われました。
 たくさんのご来賓の方々や保護者の皆様の前で、元気なお返事と大きな声で自己紹介をしていた1年生の皆さんは、とても立派でした。担任の先生方との出会いや6年生のお兄さんお姉さん方の優しい案内に触れて、新入生35名は笑顔いっぱいで退場することができました。
 尾駮小は、とても楽しい学校ですので、先生のお話を良く聞いて、たくさん学んでほしいと思っています。


2019年2月28日(木)
5・6年生スキー教室!!

 当初1月31日に予定していましたが1月末のインフルエンザ流行の影響を受け延期となっていた5・6年生のスキー教室が、2月28日(木)野辺地町のまかどスキー場で行われました。
子供たちの日頃の行いがよかったのか、この日は、春を感じさせるくらいの暖かな1日でした。

 インストラクターの先生方の指導やボランティアの保護者の方々の支援もあり子供たち一人一人がアルペン・スキーを存分に楽しむことができたようです。


2019年3月7日(木)
一日入学

 2月7日(木)に、この春に本校に入学する子供達を迎えて、一日入学が行われました。どの子供も、元気な声でしっかりとあいさつができていました。受付を済ませた子供達は、6年生のお兄さんお姉さんに連れられて各教室に移動し、ちょっぴり緊張しながらもいろいろなお勉強を一生懸命頑張っていました。

2019年2月1日(金)
節分集会

 2月1日(金)に節分集会が行われました。インフルエンザや風邪等の症状でお休みする児童が多かったために、感染等の拡大防止のために今年は、校内放送を使い各教室での節分集会となりました。全校のみんなが集まって大勢での豆まきとはなりませんでしたが、各教室でそれぞれ自分の心の中にひそんでいる追い出したい鬼に向かって豆まきをし、心の鬼をみんなで追い払いました。


2019年1月17日(木)
冬休みの思い出と3学期のめあて

 1月17日(木)の全校集会で、各学年代表児童のみなさんから「冬休みの思い出と3学期のめあて」についての発表がありました。
一部代表児童の発表内容についてご紹介いたします。

○ぼくは、せんだいへ行って、しんせきと竹うまや雪あそびをして、とってもたのしかったです。がっきがんばることは、なかよくすることです。もしかしたら、なかよくできない人がいるかもしれません。そのときは、「あそぼう。」といって、さそってみたり、わるいことをしたときは、あやまってみたりしたいとおもいます。3がっきは、たのしくすごしたいです。(1年代表児童)

○私の冬休みの思い出は、二つあります。一つ目は、着物を着たことです。とっても上手に着ることができました。二つ目は、鰺ヶ沢のスキー場に一泊二日でスキーをしたことです。リフトやゴンドラに乗ってスピードを出して滑ることができて、とても楽しかったです。スキー教室が楽しみです。3学期のめあては、二つあります。一つ目は、姿勢良く書いたり、本を読んだりすることです。先生には注意されないけど、自分では姿勢が悪いと思うからです。二つ目は、対話タイムの時に、2学期よりも活発に意見を言えるようにしたいです。「尾駮っ子10の約束」では、「3」だったので「4」を取れるように頑張りたいです。3学期が終わると、最高学年の6年生なので、今の6年生を見習って立派な6年生になりたいです。
(5年代表児童)

 このほかに、「家族みんなが誕生日を祝ってくれて嬉しかった。3学期は、算数を頑張り、繰り下がりのひっ算で満点を取りたい。」「この冬休みは、悲しいことと楽しいことがあった少しいつもと違う冬休みになったこと。3学期は、縄跳び・姿勢・係活動を頑張りたい。」「平成最後の冬休みなので今までやったことのないことに挑戦したこと。校内での過ごし方を気を付けることと、学習時間に積極的に発表したい。」「家族で楽しいクリスマスを過ごしたこと。3学期は意見発表の場では、積極的に挙手して発表したい。」など、代表児童のみなさんが、堂々とした立派な態度で発表してくれました。
 3学期は、1年のまとめの学期となります。次の学年への準備期間として、しっかりと力を蓄えられるように教職員一丸となって支援してまいります。学校教育への一層のご理解とご支援をよろしくお願いいたします。


2018年11月30日(金)
創立140周年記念式典が行われました

 11月30日(金)に尾駮小学校の創立140周年記念式典が本校体育館で六ヶ所村長戸田衛様をはじめ多くの来賓の方々をお招きして開催されました。
 式典の中で校長先生からは、「統合した四つの学校の思いを受け止め、みんな同じ仲間なのだという自覚をもってください。そして、みんなで141年目からの歴史を作っていきましょう。」というお話がありました。
 式典後には、全校児童による合唱「気球に乗ってどこまでも」と「虹」を披露いたしました。最後は、式典に参加した全員で、校歌を歌い140周年にふさわしい思い出深い一日を締めくくりました。
 ご来賓の皆様、運営にあたったPTA 役員の皆様、ご臨席くださいました保護者の皆様、子ども達のためにご参加くださり誠にありがとうございました。
 これからも子どもたちは、地域の皆さんに見守られながら、未来に向かい健やかに成長していくことでしょう。


2018年11月10日(土)
学習発表会

 11月10日(土)創立140周年記念学習発表会が行われました。
 多数のご来賓の皆様や多くの保護者の皆様、地域のお客様においでいただきたいへん感謝しております。
 子供たちは、お客様の温かいまなざしや多くの拍手に支えられて、練習の成果を思う存分に発揮することができたようです。 このような行事を一つ一つ為し終えることによって、努力することの大切さや、集団の中における自分自身の役割などを学んでいきます。実りの秋でもあり、子供の成長を確かめる秋の一日となりました。





2018年10月5日(金)
不審者対応避難訓練

 10月5日(金)2時間目終了後の体力アップタイム開始前に不審者対応避難訓練を行いました。今回の訓練の目的は「全校児童がグラウンドにいるところへ不審者が侵入した際の対応や避難の方法について理解する。」ことでした。不審者発見後の職員の第一対応から始まり、グラウンドにいる職員が不審者のいる位置を知り、教職員が合い言葉を伝え合い、児童を誘導し、避難場所となるこども園へ安全に素早く避難させることができました。この日は、六ヶ所インターナショナルスクールのお友達や先生方も一緒に訓練を行いました。
 訓練後に、尾駮交番所の警察官の方から、不審者が校内に侵入したときの安全な避難の仕方についてお話をいただきました。





2018年9月27日(木)
校内マラソン大会

 9月27日(木)の秋の寒空のもと、校内マラソン大会が行われました。この日は、朝から今にも雨の降りそうな厚い雲に空が覆われ、気温15℃という少し肌寒さを感じる天気でしたが、春からマラソンに取り組んできた子どもたちには、絶好のランニング日和となったようでした。お手伝い、応援に来て下さった保護者の方々、ご協力ありがとうございました。
(写真)一年生女子スタート
「初めてのマラソン大会でドキドキ・・・」



2018年8月28日(火)
夏休みの思い出と2学期のめあて発表

 8月28日(火)の児童集会で、各学級代表児童の皆さんが夏休みの楽しかった思い出や、2学期のめあてを発表してくれました。2学期は1年の中で最も長い学期です。学習発表会をはじめ様々な学校行事だけではなく、今年は本校創立140周年の記念式典も行われます。また、村民文化祭などの地域行事もたくさん行われます。こうした様々な行事や教室内外での学習での充実した時間を過ごし、自分をさらに高めていくためにも、学期はじめに自分なりの目標をしっかりと立てることはとても大切なことです。



2018年8月24日(金)
小学生海外体験学習

 今年も、国際友好親善と文化交流事業の一環として、本村で行っている小学生海外体験学習に本校からも7人の児童と、引率教員として2名の先生が参加してきました。今年度は、オーストラリア(ケアンズ、シドニー)へ7泊8日の日程で、ホームステイや現地の学校等の施設見学を通して、日本とは異なる文化を肌で感じ、異文化の多様な価値観を知ることや、世界へと視野を広げるよい機会になったと思います。

2018年6月1日(金)
体験学習について

 今年も5年生(40名)が、戸鎖地区の佐藤さんの田んぼをお借りして、田植え体験学習を行いました。はじめに、苗の植え方についてご指導いただき、その後、みんな裸足になって田んぼに入りました。子どもたちからは、「気持ちいい!」「足が抜けない!」といった声がたくさん聞こえてきました。それでも、籾殻から一生懸命育った稲を手にすると,教えてもらったことを守り,心を込めて一本一本丁寧に植えていました。大きく実った稲穂を収穫する秋が楽しみです。



   

information

六ヶ所村立尾駮小学校

〒039-3212
青森県上北郡六ヶ所村
  大字尾駮字野附1304-1
TEL.0175-72-2016