本文へスキップ

六ヶ所村立第二中学校 -学校概要-

学校概要Outline

本校について

 本校は、平成8年に『平沼中学校』と『倉内中学校』と『中志中学校』の3校が統合して創立されました。さらに令和2年4月に『千歳中学校』とも統合し,(新生)六ヶ所村立第二中学校として新たなスタートを切りました。 創立25年目となる本年も、これまでの両校の伝統を継承するとともにキャリア教育の視点を基軸に据えた教育活動に取り組み、将来、地域を支え地域の発展を担う明るく積極的な人材の育成に取り組んでまいります。


沿革

 年  月 日           内  容
平成8年 2月   校舎等竣工
平成8年 4月1日   平沼、倉内、中志の三中学校を統合し、第二中学校創立
      位置:青森県上北郡六ヶ所村大字倉内字湯沢112−1
      校歌制定:作詞ー阿久津凍河氏・作曲ー川崎富康氏
      校名採用者:木村 昭文(倉内中2年)
      校章採用者:吉田 譲(平沼中3年)
      校舎竣工に伴う寄贈
      生徒用図書・テレビカメラ・飾り壷・展示ケース・観葉植物・スリッパ・バスケットボール・バレーボール 他
平成8年 4月5日   開校記念式典
平成8年 8月4日   グランド物置小屋設置
平成8年 12月4日   教員住宅等完成
平成9年 4月1日   笹原小学校学区より第二中学校への入学開始
平成12年 8月2日   インターネット開通
平成13年 2月13日   校訓 『誠実 進取 創造』 制定
平成13年 3月24日   職員室、教員住宅に防災放送受信機設置
平成13年 8月9日   生徒用パソコン3台設置
平成13年 8月23日   体育館へ校歌額設置(揮毫:二本柳晴子氏)
平成13年 8月27日   事務用パソコン2台設置
平成13年 10月6日   校長室、教室へ校訓額設置(揮毫:二本柳晴子氏)
平成13年 11月14日   職員室に防災用テレビ設置
平成14年 3月14日   スクールバス防災無線取り付け
平成14年 3月26日   スクールバス車庫完成
平成15年 8月29日   生徒、教員用パソコン6台設置
平成16年 7月16日   日ロ国際交流(ロシア訪問団来校)
平成16年 9月30日   光ファイバー回線開通
平成19年 5月21日   倉内小学校、耐震問題のため二中校舎へ引っ越し
平成20年 3月9日   倉内小学校、仮校舎完成により引っ越し
平成22年 6月28日   電子情報ボード3台設置
平成26年 8月18日   教師用タブレット5台、生徒用タブレット55台導入
平成27年 10月27日   県教育委員会 「いじめ防止対策学校実践指定校」 公開発表
平成27年 11月15日   創立20周年記念式典
平成28年 11月15日   ICT活用研修会公開発表
平成29年 10月4日   北地区中学校教育研究会授業発表(国語・社会・数学)
平成30年 2月19日   日本教育工学協会(JAET) 2017年度学校情報化の認定校へ
令和元年 2月9日   日本教育工学協会(JAET) 2020年度学校情報化優良校の認定校へ(認定期間2020.4.1〜2023.3.31)
令和2年 4月1日   六ヶ所村立第二中学校と六ヶ所村立千歳中学校が統合し,六ヶ所村立第二中学校となる。校訓「誠実 連帯 立志 進取 拓魂 創造」を制定する。校訓揮毫 簗田信義 氏
令和2年 4月7日   六ヶ所村立第二中学校統合記念式典を挙行する。


令和2年度 六ヶ所村立第二中学校学校経営方針


学校教育目標

学校教育課題
 
知 将来の夢や志の実現に向け,主体的に学習に取り組む意欲と確かな学力の育成
 徳 人間愛の精神を深め,周囲の人々に対する思いやりと感謝の心の育成
 体 健康,安全で幸福な生活を送れるよう,たくましい気力と体力を兼ね備えた自己指導能力の育成

校 訓 (令和2年制定 開校25年目)  「誠実 連帯 立志 進取 拓魂 創造」

教育目標と努力目標 (令和2年制定)

 一 自ら学ぶ生徒 … 一 夢や志の実現に向け,主体的に考え,伝え,学び合う生徒
 一 心豊かな生徒 … 一 思いやりと感謝の心で,互いを認め合い,高め合う生徒
 一 健全な生徒  … 一 自分に自信を持ち,心身を鍛え,健康で安全な生活を送る生徒


経営の理念

 中学校では,生徒一人一人に対し,知・徳・体の調和のとれた「よき社会人」(新たな時代を切り拓き,よりよい社会を創り出していく日本人)となるべき基礎を培うため,生きる力と夢を育む学校教育を進めていくことが肝要です。本校では,青森県教育委員会・上北教育事務所・六ヶ所村教育委員会の各学校教育指導の方針と重点,および本校の教育課題を踏まえ,キャリア教育の視点「つながる力」を基軸に教育活動に創意工夫を凝らした学校運営に取り組みます。
 特に,統合初年度となる本校の教育課題の解決のためには,安心できる学校の中,「相互信頼」の下で生徒・職員ともに新たな生活信条「二中新プライド」に基づく自分自身の責任ある言動に対する「誇り」と「自信」をもつことが基盤となります。そのためには,主体的な生徒の自治活動体験,チャレンジ精神に溢れ困難に挑戦し乗り越える意欲と忍耐,自分の存在意義と他者の尊重,さらに日常生活での充足感が必要です。これらを支えるために職員は,諸活動の創意工夫と生徒との心の通ったコミュニケーションが必要であり,職員自身も範を示し,自己研鑽を重ねていく必要があります。さらに,これらに裏付けされた「二中新プライド」は,生徒の生きる力を育むだけでなく,愛校心を抱かせ,「二中ブランド」としての新たな学校のイメージや地域の活性化につながるものと考えます。

経営の目標

生徒・保護者・地域から信頼され,全職員が参画する一体感と活力のある学校経営をめざします。

・職員個々の「よさ」を発揮した主体的取組と職能の向上
・鋭敏な危機管理意識に基づく,速やかな情報共有と組織としての共通理解・共通行動
・保護者や地域の目線に基づいた連動と相互信頼

経営の方針

目指す生徒像
 互いの個性を尊重し他と協調しあいながら,責任のある言動に基づき,自らの個性を発揮することで,新しい時代を切り拓き,よりよい社会を創り出していく日本人としての基礎を育てます。
 また,特別活動を要とした主体的な自治的活動を通して「二中新プライド」の合い言葉の下,自己肯定感,自己有用感等の自尊感情並びに郷土愛や愛校心を育み,将来,地域を支え,地域の発展を担おうとする明るく積極的な人材としての二中生を育てます。 

(1) 自己の進路を叶える確かな学力の育成
@主体的・対話的で深い学びの実現を意識した授業での思考力,判断力,表現力の育成
A学力調査での結果分析等による生徒へのフィードバックと指導内容の補強・改善
B授業と連動した習慣化された家庭学習の質の向上

(2) 人間尊重の精神に基づく心の教育
@他者や未来とつながるキャリア教育の視点に基づく活動や学習の推進
A道徳の授業を中心に,他者を尊重し思いやる心と態度(相互理解・寛容)の育成と全職員による適切ないじめの未然防止及び事案対処
B自発的・自治的能力を育て,成功経験の積み重ねによる自己肯定感と自己有用感の高揚を図る特別活動の充実

(3) 健全な生活を送る自己指導能力の育成
@健康・安全に関する正しい知識と適切な行動を身に付ける保健・安全教育の充実
Aチャレンジ精神に溢れ,困難に挑戦し乗り越えるための強い心と体の育成
B誘惑に打ち勝つ正しい心と望ましい生活習慣の確立



今年度の重点

生徒・地域の融和のもと「六ヶ所ナンバーワンの生徒達」を育てる新生二中を目指して

(1) 統合に伴う人間関係づくり,環境適応への配慮と工夫
 統合に伴い新たな対人関係,学習環境等に慣れない生徒の状況に対して,初期段階での関わりと配慮を意図的に行います。特に,精神的な不安を抱える生徒,学習で伸び悩む生徒や学習環境の変化などに順応できないことに起因する学力障壁への配慮に対しては,確実な情報共有とともに重点的な個別対応を組織的に行います。

(2) 学力向上の鍵は教師の指導力
 ICTを活用するなどコツにこだわった「分かる授業」づくりを念頭に,主体的・対話的で深い学びの視点に基づく授業改善や,各種研修への参加を心がけ教師自身も常に学び続ける姿勢で臨みます。 特に,新学習指導要領実施に伴う各教科等での移行措置や資質・能力などの確実な見直しと実践に努めます。

(3) キャリア教育の視点に基づく教育活動
 「つながる力」を基軸に全教育活動をキャリア教育の視点であらためて見直し,生徒の今と将来の夢や志につなぐ基礎的・汎用的能力を意図的に育む活動を設定します。 特に,「二中新プライド」の合い言葉の下,融和した生徒がよりよい人間関係を築き,特別活動を要に自己肯定感と自己有用感の高揚と将来を見据えたチャレンジ精神,コミュニケーション力,自己表現,他者理解,相互の切磋琢磨という観点について強調していきます。

(4) 友と考え,参加したくなる道徳授業
 保護者の願いや生徒の実態から「克己と強い意志」「思いやりと感謝」「公正・公平」「生命の尊さ」を重点内容項目としながら,多様な指導方法を工夫した道徳の授業の確実な実施にあたることで,生徒の道徳科への学習意欲と道徳性を養います。

(5) 責任ある言動に基づく誇りと自信をもてる職員
 六ヶ所村の学校教育をリードする意識の下,三意(熱意・創意・誠意)と責任ある言動に基づく誇りと自信をもてるよう,生徒に範を示し自己研鑽に励みます。
 また,常に危機管理意識を敏感にもち,いじめ問題や事件・事故の未然防止と的確な初動対応を徹底します。

(6) 保護者・地域等と共に高まり連動する「チーム二中」

 生徒個々の自己実現に向けた取組を支援し,併せて教育課題を解決するため,報告・連絡・相談・記録・見取りを徹底し,職員全員が組織として学校経営に参画します。
 特に,開かれた学校づくりを目指し,保護者や地域の声に耳を傾けながら連携を深め,南小学校や千歳平小学校,六ヶ所高校,村教育委員会,諸機関・団体等との連携を図っていきます。


information

六ヶ所村立第二中学校

〒039-3215
青森県上北郡六ヶ所村大字倉内字湯沢112-1
TEL.0175-75-3141
FAX.0175-75-3143